大規模修繕工事の時のベランダの私物の収納術

規模修繕工事中のベランダの私物

分譲マンションの大規模修繕工事の時のベランダの私物の撤去は大変

分譲マンションに住んでいると、おおよそ、10年-12年周期で外壁を中心にした大規模修繕工事が行われます。工事の準備段階で、ベランダの私物はすべて、撤去しなければなりません。(但し、エアコンの室外機は除きます)

これが、思ったより大変な作業です。頭では、「全部、部屋に入れちゃえばいいんでしょ…」と思うのですが、実際、片づけを始めるととんでもなくたいへんな作業です。

ベランダの荷物

  • プランター野菜園
  • 観葉植物
  • ホース
  • バルコニータイル(ウッドタイル、人工芝等)
  • 物置(スチールラック等)
  • 網戸

などなど、家庭によって、差はあると思いますが…、

プランターでミニトマトとか、やっていると土の量が多いので、大変です。

観葉植物も、10年も住んでいると、鉢がひとつ、ふたつということはありえませんので、小さなものでも10鉢もあると大変です。

ホースも中に水が残っていて、じょぼじょぼと漏れ出てきて大変です。

タイルは新築当初に気合入れて、敷き詰めるのですが、はがして、移動して、保管はまさに2か月くらい休日つぶれるほど重労働で、大変です。

物置は、中の荷物と、物置自体をばらして、保管するので、大変です。

網戸も目立ちませんが、高さも重さもかなりあり大変です。

大規模修繕工事期間中のベランダの私物の収納術

ということで、ベランダに置いてあった私物の撤去が大変なのはいうまでもなく、それを室内で保管するとなると、住むスペースが、間違いなく無くなります!!!

マンションの規模にもよりますが、そこそこの規模、100世帯位のマンションでは、約6ヵ月間程の工事期間があります。下層階から、足場が組まれますので、上の階の人は、その中でも若干、期間的には短くなりますが、1階の住戸は、工事期間はまるまるベランダに私物を置くことはできません。ずっと、窮屈な生活が続きます。

大規模修繕工事中のベランダ 私物を撤去した状態

その期間に少しでも快適な(?)スペースを確保できるように、収納術を解説します。

既存の室内の私物を処分してスペースを空ける

分譲マンションの大規模修繕工事

現時点で、室内にある物を見直してみましょう。意外と使っていないものなどがあるはずです。

  • 本、雑誌類
  • 衣類
  • 寝具
  • 家電製品
  • 趣味、愛好品

本や雑誌は、冷静に考えると、あってもおそらく2度と目を通さないものがほとんどであったりします。思い切って、捨てるなり、買取してもらうなりして処分しましょう。

衣類も今ある洋服はデザインが時代遅れになり、いつか着ようと思っても着ません…。捨てるか、リサイクルしましょう。買取価格がつかなくても、リサイクルや貧しい国に寄付することで、社会貢献にもなります。

寝具は、来客用や自分が使っていたものが、だぶついていたりすることがあるので、これも処分の対象です。

家電製品は、食パンメーカーや旧型のテレビ、空気清浄器など、調子が悪くなって使わなくなっていたりしたものが、そのままになっていたりします。これも処分です。

趣味、愛好品は、勢いで購入したが、普段使いは絶対しないものや、ダイエット用品など、無用の長物があるはずなので、これらも処分です。

室内のスペースを空けるためには、「もったいない」という気持ちを持ってはいけません。思い切りが大切です。世のミニマニストの考え方をちょっと見ておいてもよいですね。

ベランダの私物を処分する

ベランダにあったもの自体を処分して室内に入れる物をなるべく少なくすることをしましょう。

観賞植物や見に家庭菜園をしていたプランターのうち、すでにシーズンオフや、意外と実がならずやめてしまったものは思い切って捨てましょう。特にプランター内の「土」を室内に入れると、「土」の中にいた虫が、むくむく出てきたりしますので、虫嫌いの人は要注意です。プランターは保管するにしても「土」は処分したほうが無難です。(保管の場合は厳重にみっぷすることをおすすめします)

ベランダのプランター

ベランダにオシャレに敷き詰めてあったタイルなどは撤去すると、意外と汚れているのを実感します。きれいに洗うのがたいへんです。そして、綺麗にして、保管し、また、並べるのはいいが、10年後にまたこの作業をするのかと思うと…。

心が折れて、処分しようと思う確率が高いでしょう。自治体によっても異なりますが、処分場に自分で持ち込めば無料で引き取ってもらえます。

トランクルーム(コンテナ収納)に保管する

分譲マンションの大規模修繕工事の期間中のベランダの私物を片づけるにおいて、最もよくとられる収納術のひとつが、トランクルームやコンテナ収納を借りて、その中に保管する方法です。

この方法であれば、とりあえず、愛着のある物を処分しなくてよいですし、部屋の中がベランダにあったもので溢れかえることもありません。全部、トランクルームに運び入れてしまえばよいのですから、楽なものです。

大規模修繕工事 ベランダの私物

もちろん、その間の利用料はかかるのですが、室内に荷物を保管するための様々な作業や精神的なことを考えると、コストパフォーマンスは悪くないはずです。

マンションの大規模修繕工事の時期が迫ってきたら、トランクルームに荷物を預けることを検討してみましょう。

 

トランクルームを探す

 

 

 

関連記事

  1. ロードバイクの保管

    ロードバイクの保管場所はベランダでOK?

  2. 押入れのスノコの正しい使い方

    押入れの湿気・カビ対策のためのスノコの正しい置き方

  3. 収納スペースを増やす

    ひとり暮らしのワンルームで収納スペースを増やす方法