トランクルームの契約で連帯保証人は必要か?

連帯保証人

トランクルームの契約で連帯保証人は必要か?

トランクルームを契約する場合は連帯保証人は必要ですが、必要ではありません

「えっ、どっちなの?」と戸惑うかもしれませんが、順を追って説明します。

原則、連帯保証人は必要

「連帯保証人は必要」である原則論から説明します。

連帯保証人とは、契約者の債務を同等に履行する義務があります。難しく書きましたが、簡単にいうと、連帯保証人は契約者が家賃滞納すれば、それを支払い、トランクルームの内部の壁を壊してしまったら、補修する費用を支払い、そして、契約終了後に、庫内に残置物があった場合には、それを片づける義務があるのです。

貸主は、収納スペースを貸して、賃料を得るわけですが、それには上記のような損害が発生するリスクがありますので、それを担保するためにたてるのが、連帯保証人なのです。もし連帯保証人を立てないのであれば、リスクを見込んで、料金設定や保証金を高額に設定しなければなりません。これは、借りる側の負担が増えることになってしまいます。

この負担を抑える意味でも連帯保証人は必要なのです。

連帯保証人がいない

連帯保証人がいないというケースは、今の社会では、とても多いです。連帯保証人がいないケースもありますし、連帯保証人になってもらうこと自体を頼みたくないというケースがあります。連帯保証人がいあないケースとして、下記のケースが多いのですが、世知辛い世の中というよりも、これが普通の社会となっております。

  • 両親が高齢で、年金暮らしで保証力が弱かったり、無かったりする
  • 親も含めて、親族と疎遠である、万が一でも迷惑かけたくない
  • 親戚付き合いが無い
  • 友人、知人、上司、同僚などに頼めない

連帯保証人をお願いするということは、とにかく、現実問題としてハードルが高いといえます。審査の上で、年収をきいたり、実印や印鑑証明を提出してもらうこともありますので。

連帯保証人は必要ない

上記のような状況を踏まえ、「連帯保証人は必要ありません」を説明します。

このように、連帯保証人がたてられないケースが多いのが現実ですなので、そのかわりに「保証会社に加入する!」という手段をとることができます。もちろん、このシステムをとっているトランクルーム運営の会社でないと適用できませんが…。(アップルストレージの運営している(株)アップルは、保証会社に加入いただき契約していただくシステムです♪)

保証会社に加入するのには、WEBから、事前の審査が通ればOKです。WEB申込の専用ページから、必要事項を登録したら、大よそ60分程度で、審査結果がでます。

保証会社の利用料

保証会社に加入するには料金が発生します。

気になる料金ですが、料金構成は「初回契約料」と「月額保証料」となっています。詳しい金額や、物件や時期に応じて、キャンペーン価格などもありますので、下記からご参照ください。

保証会社の審査に落ちた!!

誠に遺憾ですが、「保証会社の審査に通らない」場合もあります。当社では、お客様のプライバシーの観点から、保証会社の審査部門から「OK」か「NG」のどちらかの連絡のみですので、NGの理由や原因はわかりませんし、お答えできかねます。

この場合は弊社内規定により、契約することはできませんので、あしからず、ご了承くださいませ。

他社様の運営のトランクルームでは、保証会社の審査がNGだった場合に、連帯保証人をたててることで、契約できるケースもあるようですが、詳しくは、それぞれの運営会社様にお問い合わせいただくようお願い申し上げます。

保証会社が使えない契約事例

アップルストレージでは、トランクルームの契約には、保証会社加入が原則必要です。

しかし、3か月未満の契約の場合は、保証会社の利用ができず、連帯保証人をたてていただくこととなります。その理由は、保証会社の保証開始の手続きまでに、3ヶ月を要するからです。保証手続きが始まるときには解約となると、保証の仕様がありません。

短期間のご利用の場合は、お手数ですが、契約に連帯保証人様を立てていただく必要がありますので、ご承知おきください。

関連記事

  1. トランクルームの料金について

    トランクルームの料金について解説

  2. トランクルーム 保証金の返金

    トランクルームの保証金(敷金)は返ってくる?返金されない事例とは!?

  3. 短期間の契約

    トランクルームを短期間だけ借りることは可能?